除湿

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

家の中での消臭

除湿

湿気は細菌の繁殖に不可欠なものです。つまり、湿気を取り除くことは細菌の繁殖や増殖も抑えることが出来るのです。簡単に除湿が出来るのは、除湿剤や除湿機を使用することです。

湿気は完全に防ぐことは出来ません。なぜなら、人からも水分は放出されるからです。ですので、外の湿気を入れないようにするというよりは、室内にある湿気を取り除くということになるため、除湿が重要となってくるのです。また、日本の気候はじめじめとした気候であり、さらには梅雨の時期や夏、秋雨の時期など湿気が多くなるため湿気が溜まりやすくなっています。

押入れには除湿剤を置くことが多いですが、人が寝た布団には汗などの水分が含まれており、これが押入れという密室空間に充満することによりカビや悪臭が発生するのを防いでくれます。市販の除湿剤以外でも黒炭などは除湿効果があり、除湿剤の代わりに置いている方もおられるでしょう。

カビは湿気を好むと言いますが、湿度70パーセントを超えると活発に繁殖を行ないます。梅雨の時期がカビの最適の季節と考えられますが、浴室は季節を問わずに使用後には温度も高く水分が豊富にあるため、カビなどの細菌が繁殖しやすい環境となります。

浴室乾燥機がある場合、お風呂屋やシャワーの使用後は浴室乾燥機によって浴室内を乾燥させるようにしましょう。また、湯気が立ち込める状態は湿度が上がってしまうので、お湯を使った後の浴室には水をシャワーでかけて、浴室内の湯気を除去して気温も下げ、その後に浴室乾燥機を使用するようにしましょう。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved