口臭の原因

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

体のにおいの原因

口臭の原因

人と挨拶をするときに、第一声とともに呼気が相手に届きます。そのときに口が臭いと、そのあとが気まずくなってしまいます。単純に考えて、嫌なにおいを発するものからは遠ざかりたくなりますよね。 口臭の一番の原因は、口の中の歯垢や虫歯などが挙げられます。日頃からの歯磨きや、最近では舌を磨くブラシも販売されているため、口の中を清潔にしておくようにしましょう。

さて、口の中以外に原因はあるのでしょうか。口は、体内の空気を排出するので、体内に異常を来した場合には、それが原因でにおいを発生することがあります。この場合には、医師の診断により、次のような病気の恐れがないか診てもらいましょう。

胃の病気により消化不良が起きている場合には、体内に残っている食べ物が異常発酵してしまい、においを発生させます。腸の異常の場合にもにおいが発生します。腸内の菌のバランスが崩れて悪玉菌が増加することが原因でにおいを発生させます。これは、血液によって肺に運ばれ、呼吸により口から出ていきます。

においとは関係なさそうな糖尿病の場合には、体内の糖が多いためインシュリンによる分解が間に合わなくなります。その際には体脂肪を燃焼してエネルギーを生み出すのですが、そのときにケトン体というにおいを伴う物質を発生させます。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われますが、肝機能が低下すると肝臓の機能の一つである、においのもととなる物質を分解する機能も低下します。そのことによりに、においのもととなる物質が体外に排出されてしまうのです。 それ以外にも、呼吸器系(鼻、のど、肺や気管支)に病気がある場合にも、口臭が発生します。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved