便の臭いの原因

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

体のにおいの原因

便の臭いの原因

大腸には様々な細菌がおり、大きく分類して善玉菌と悪玉菌があります。善玉菌は消化吸収を助ける役割を果たし、腸内のたんぱく質を分解します。対して悪玉菌は、腸内のものを腐敗させ、その際に有毒物質を発生させます。これらの細菌は全部で、大腸内に約30兆個もいます。

悪玉菌と呼ばれるものは大腸菌やウェルシュ菌が代表されますが、アンモニアや硫化水素、アミン類などの腐敗物質を作り出し、これらの腐敗臭が腸内でのにおいの原因となります。このにおいが排出される便とともに体外に排出されてしまうのです。これが便臭の原因です。

通常は、善玉菌と悪玉菌がバランスを保ちながら共存しています。それが何らかの原因で悪玉菌の割合が増えた場合、悪玉菌の繁殖を抑える役割を果たす善玉菌が不足するため、一気に悪玉菌が増殖してしまいます。悪玉菌の割合が過剰となると、消化されずに残っているたんぱく質を分解し、有害物質を生成していくことにより有害物質を作り出してしまう結果になります。

日常生活の不摂生や生活習慣、生活環境により悪玉菌の増殖を促してしまうことがあります。わかりやすい行動としては、食べ物を十分に噛まずに食べることです。十分に咀嚼されていない食べ物は、胃腸で消化しても消化しきれない状態となってしまいます。そうすると腸内に未消化物として残留し、さきほどのように悪玉菌の作用によって有害物質が生み出されてしまいます。

また、加齢臭にも含まれることがありますが、年齢を追うごとに腸内に汚れが蓄積されていきます。宿便と呼ばれますが、腸内に排泄物が長期に残留することで腸内の環境が悪くなり、悪玉菌が増えやすい環境となります。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved