腋臭(ワキガ)の原因

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

体のにおいの原因

腋臭(ワキガ)の原因

わきの下には、汗腺の一種であるアポクリン腺(大汗腺とも呼ばれる)がたくさんありますので、汗の量がとても多くなります。体を楽にした状態では、わきの下は通気性が悪いため湿った状態となります。湿気が多いので、雑菌が繁殖しやすい環境となりにおいの原因となります。

汗には鉄分、脂質、アンモニア、たんぱく質、色素など、体外へ排出する物質が含まれており、これらの物質が相互作用することにより悪臭を発生させます。

アポクリン腺による汗の出口は、毛穴と繋がっていて、同時に皮脂腺とも繋がっています。皮脂腺からは名前の通り皮脂が分泌されます。皮脂が分泌されることによりアルカリ度が増し、より細菌が繁殖しやすい環境となってしまうのです。細菌は脂肪を分解してくれるのですが、同時に悪臭を発生させると言われています。

このようなことが原因となり、わきの下からにおいが発生することを腋臭(ワキガ と呼んでいます。日本人では、1割の人が腋臭だと言われています。海外に目を向けてみると、黒人や欧米人では8割以上が腋臭であると言われており、世界的には日本での割合は少なくなっています。しかし逆に、少ないからこそ目立ってしまうとも言えるかと思います。

海外で腋臭が多い原因としては、肉や乳製品を多く摂っていることが原因と言われており、肉を多く食べていなかった昔に比べると、最近では腋臭になっている人が増えてきているようです。そして、両親ともに腋臭の場合、80パーセントの確率で遺伝するといるため、あながち自分だけが原因とも限りません。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved