レモン

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

消臭剤を使わない消臭

レモン

レモンには消臭効果があります。また、香りも爽やかなため芳香の効果も得られます。ご家庭で揚げ物を調理したあとには、部屋中に揚げ物の臭いが残りますが、この臭いの消臭にレモンが使えます。霧吹きに水を半分ぐらい入れ、そこにレモン半分のしぼり汁を加えます。これを部屋全体に吹き付ければ、嫌な油の臭いがスッキリと消えます。

先ほどの方法でもレモンの皮が余りますが、料理にレモンを使った場合にも皮は使われずに余ってしまうことが多いです。レモンの皮も同じく消臭効果があり、実の部分のように絞っては使えませんが、次のような使い方が出来ます。

電子レンジは様々な調理を行なうため、庫内にはいろいろな臭いがついてしまいます。この臭いを取り除くためにレモンの皮が使えるのです。電子レンジの掃除方法も含めて説明します。まずは水で濡らした布巾を絞って、電子レンジで約1分加熱し、蒸しタオルの状態にします。

蒸しタオルを作るのと同時に、庫内に蒸気が充満し汚れが落ちやすくなります。その布巾で庫内をきれいに拭きます。次にターンテーブルやその下に溜まっている汚れを落とします。アクリルたわしなどで前面のガラスや外装の汚れを落とし、仕上げに雑巾で外装に残っている汚れを拭き取ります。

最後に、レモンの皮をラップをせずに1分ほど加熱します。すると、庫内についていた臭いがレモンの皮の作用によってなくなっています。ほのかにレモンの香りがして爽やかな庫内となります。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved