車内のタバコの臭い

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

日常生活での臭いと対策

車内のタバコの臭い

自分がタバコを吸う場合はもちろんのこと、他の人が乗って喫煙されると、車内に臭いが残ります。自分で吸う人は毎日の積み重ねになるため、車内は喫煙をしていない状態でも嫌煙家としては不愉快な環境になってしまう。

レンタカーで喫煙車と禁煙車を分けているのはこのせいで、喫煙者が使用した後に禁煙者が使用した場合に、どうしても臭いが残ってしまうために使用する車自体を分けている。このように、タバコのヤニによる車の中の臭いは取れにくいものなのです。

車の中には臭いを吸着する箇所がたくさんある。足元に敷くマット、シートカバー、ルーフ内装と布製の部分はもちろんのこと、前後左右にあるガラスもその一つです。布の部分は洋服と同じなので想像がつくかと思いますが、ガラスに臭いがつくとはどのようなことなのでしょうか。

ガラスは車内外の境界にあるため、両面で気温差が生じやすいです。夏の冷房使用中や冬の暖房使用中は容易にわかると思います。そのことによりガラス面には結露が発生しますが、この結露が臭いを吸着してしまうため、臭いの発生源となってしまうのです。

すでに臭いがついてしまったものは完全に臭いが取れるか分かりませんが、洗えるものは洋服と同じように洗濯しましょう。マットなども水だけではなく洗剤を使って丁寧に洗います。車内に臭いが発生するものがなくなったら、芳香剤か消臭剤を置きます。車用の芳香剤は臭いが強く苦手な方は、無臭タイプの消臭剤か、重曹やコーヒーの出し殻を置きましょう。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved