足の臭いの予防と対策

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

体のにおいの対策

足の臭いの予防と対策

足のにおいの原因は汗が溜まって、しかも通気性が悪いことであることは述べました。ですので、第一の対処としては汗を抑える方法があります。制汗剤を蒸れやすいところに塗布します。特に足の指の間や足の裏に塗ると効果があるでしょう。

第二に、ムレ自体を抑えるための工夫として、靴下やストッキングの着用です。ただし汗をかいたら履き替えるようにしましょう。そして、靴が水分を含んでしまうので、靴の内側に防水スプレーを吹き付けます。これで汗が靴に染み込むのを防ぐことが出来ます。

あとは、防臭効果や吸水性のある中敷きを使用します。注意点としては、ただ使用するのではなくて、使った後は中敷きを取り出して乾燥させてから再度使うようにしましょう。

これは可能な限りの対策となってきますが、出来るだけ足の通気をよくすることです。家では裸足で生活し、外出時もサンダルや通気性の良い靴を履くようにします。 あと、見落としがちなのが靴選びです。通気性がよいものを選ぶのは分かると思いますが、自分の足のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。サイズが合っていないと、無意識のうちに足が緊張してしまい発汗が多くなってしまうのです。

また女性の場合は、ヒールが高すぎないものを選ぶようにします。これも同じく足の緊張に関係するのと、ヒールが高い場合には歩くときに体重がかかとに大きくかかることになります。すると、かかとの角質が厚くなってくるため、剥がれ落ちる角質も増えてしまうのです。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved