便の臭いの予防と対策

家の中での消臭

消臭剤を使わない消臭

体のにおいの原因

体のにおいの対策

日常生活での臭いと対策

臭いに関すること

消臭対策の大百科

体のにおいの対策

便の臭いの予防と対策

悪玉菌の増加が便臭の原因だと述べました。直接的に悪玉菌を減少させることは難しいので、逆転の発想として善玉菌を増やす方法から考えましょう。善玉菌に代表されるのがビフィズス菌です。名前を聞いたことがある人が多いと思いますが、ヨーグルトに多く含まれています。しかし、ヨーグルトを食べたからと言って腸内のビフィズス菌は増えないのです。

ビフィズス菌を増やそうとしてヨーグルトを食べると、胃の酵素によって多くが死滅させられてしまいます。ですので、腸に届くころにはビフィズス菌はほとんど残っていません。逆に、ヨーグルトに含まれる蛋白質によって悪玉菌が活性化してしまい、求めていた効果とは正反対の結果になってしまいます。

ビフィズス菌は腸内にいるので、それらを活性化するためにオリゴ糖を摂取するのが最も理想的でしょう。バナナやきなこ、はちみつなどがオリゴ糖を含むため、朝食に1品増やしたり工夫することで摂取が出来るでしょう。

さて、始めに悪玉菌を減少させることは難しいと書きました。これは、殺菌するように退治するのは難しいということです。ですので、悪玉菌の生死に関わらず体外に排出してやればいいのです。

そうすれば結果的に腸内の悪玉菌はへることになります。そこで摂取すべきなのが食物繊維です。食物繊維は便秘予防のときに摂取を勧められるように、便通をよくするため、腸内に便が滞留する時間を短くできるのです。そのため、悪玉菌が増殖する時間も短くなり増殖を防ぐことが出来るのです。

Copyright (C) 消臭対策の大百科 All Rights Reserved